本文へ移動

2020年度4~9月の様子

2020年4月

 新年度がスタートしました。
 本来であれば入園式で新しいお友達を迎え、進級式で1つ上のクラスになったことをお祝いする予定でした。が、新型コロナウイルス感染拡大の危険性が世界規模となり、集会などの行事は自粛となりました。また、全国区で緊急事態宣言が発令され、どこのクラスも人数が半分以下という異例の事態。少々不安を抱えての新年度開始となりました。

2020年5月・6月

 自粛期間中の5月・6月。
 ほとんどの日々が合同保育(異年齢児保育)でした。公園には行けず、屋上や砂場やテラスで過ごしたり、室内でミニゲームやダンスで体を動かしたり、おもちゃで遊んだり。
 今年度は集会が開けないため、お誕生日は当日に各クラスでお祝い(※左の写真はその時の様子です。登園自粛により当日は逃してしまいましたが改めてお祝い)。大きいお友達は自分のお名前と迎えた年齢、そしてお友達からのインタビューに答えます。「好きな色は?」「好きな食べ物は?」「好きなプリキュアは?」「好きな新幹線(の種類)は?」。質問も答えも個性的です。

2020年7月

 自粛が明け、行事も完全ではありませんが少しずつ行われるようになりました。
 今年はプールは出来ませんでしたが、お水遊びがスタート。水の神様にお越しいただき、お水のお清めと祈祷をお願いしました。
 英語も毎週金曜日に始まりました。今年度からカナダ出身のスティーブ先生に教わります。初めての外人さんにドキドキ。
4・5歳児の粘土アートも再開しました。

2020年8月

 先月中止となった夕涼み会の代わりに、お祭りごっこが園内で開催されました。1日目は4・5歳児がお店屋さんとなり、0・1・3歳児を接客。2日目は3歳児がお店屋さんとなり、2・4・5歳児を接客しました。お店屋さんで売られているマラカス・けん玉・タピオカジュース・ピザ・かき氷・アイスクリームは0~5歳児の手作り。お店屋さんの看板は5歳児が装飾。的当ての景品の折り紙は保育士が折ったもの。手作り感にあふれた屋台が並ぶ中、2日間子ども達も楽しんでいました。
 先月から延期になっていた5歳児のお泊り保育も無事に行われました。電車に乗っての課外保育が出来なかったので、お水遊びに絵の具や片栗粉を出したり製作や実験など園内で特別プログラムを楽しみました。
 

2020年9月

 行事も少しずつ復活してきた9月。
 4~5歳児は遊びの教室と粘土アートが始まり、3~5歳児は翌月の運動会に向けて練習が取り組まれました。また、月末には全クラスでお供え用のお月見団子作りが行われました。
 なるべく多くの子が集まらないように配慮し、手指の消毒もこまめに行なっております。
社会福祉法人 よつばゆりかご会
〒351-0021
埼玉県朝霞市西弁財1丁目1番2号
TEL.048-466-1205
TOPへ戻る